青汁断食の効果【最新版】

青汁断食の効果【最新版】

青汁断食のやり方について説明してまいりましたが、このページでは青汁断食の効果について詳しく詳述していきたいと思います。

青汁断食の効果(一覧)

・ダイエット効果

(▶青汁しか飲まないため、ダイエット効果がきちんと出ます。飢餓感も生みづらいので失敗しづらいです。)

・美容、美肌効果

(▶青汁にはビタミン、ミネラルが豊富なため、美肌効果があり、審美性増強作用もあります。)

・内臓の壮健(各種臓器の休息)

(▶内臓を休ませるので、日ごろの不摂生により疲弊した肝臓、腎臓をはじめとする各種臓器を完全に休ませることができます。)

・心身の休息

(▶青汁断食をしていると、脳がよく休み、リラックスした状態になることが知られています。体の神経を休めれば、心の神経(゠脳神経)も休めることが可能だからです。)

・内省能力(自己改造能力)の強化

(▶食を断つと、断捨離しやすくなります。日ごろについてしまった悪習慣を断ち切りやすくなるわけです。青汁断食の一つの大きな効果は自己改造能力の強化です。これは内省能力が高まることに起因するベネフィットです。)

・瞑想効果

(▶断食中は、糖分が脳で欠乏するため、脳は糖分以外のエネルギーを使用するようになります。それがケトン体です。このケトン体が盛んに生体利用される状態だと、瞑想がより深いものになることが知られています。)

・意識の拡大、それに伴う変成意識状態(FMθ波が出やすくなる

(▶上と若干、重複しますが、青汁断食をするとFMθ波という特殊な脳波が出やすくなり、瞑想が深まるので、意識が拡大しそのことにより神秘体験を経験される場合も少なくありません。)

・デトックス(排毒)効果

(▶絶食中は、今までに体内に取り込んだ有害物質、有害重金属が排泄されやすくなります。茶色に濁った尿がでるのは、有害物質が解毒されているためです。)

・現代医学お手上げの難病の治癒(ことに体の病気)

(▶断食で、難病が治ったという人は少なくありません。ALSや小脳変性症、多発性硬化症といった難病指定されてる病の進行を止めたり、治癒したりそういった経験をされている断食者は少なくありません。)

なぜ青汁断食には高い効果が出るのか?

もともと完全断食よりも、青汁を用いた青汁断食の方が現代人にはとっつきやすく、心身(脳波)が安定します。この脳波が安定した心身がリラックスした状態で断食に及ばなければ、断食は単なる絶食化し、下手をするとあまり期待できるような効果が出ない場合があります。

しかしながら、青汁断食という方法はかなり元田人にあっており、とっつきやすいので、必然的に脳波が安定しやすい、心がリラックスした状態になるわけです。

青汁断食はソフトな断食法

また、完全断食ではその名の通り、完全に食を断つので、栄養欠乏状態から、飢餓感から食欲の暴走が見られがちなのですが、青汁断食では青汁に含まれる豊富な栄養素(ビタミン、ミネラル、食物繊維(ファイバー))を摂取することができるので、ほとんどといっていいほど飢餓感は生じません。

そういった理由から、青汁断食はよりソフトな断食法だといえ、特に現代人におすすめできる断食のやり方になります。

まとめ

青汁断食には様々なベネフィットが存在しています。完全断食よりも安全性が高く成功率が高くなるのが青汁断食の特徴です。詳しいやり方についてはこちらのページをご参照ください。↓
(参考:)
青汁断食のやり方(古式)

青汁断食が難しいと感じる人は、青汁半断食がお勧めです。
(参考:)
青汁半断食のやり方(結論)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です