青汁断食に適した青汁

青汁断食に適した青汁

青汁断食に適した青汁というものがあります。それは別の項でも説明しましたが、有機栽培されて作られた野菜をもとにした青汁です。無農薬、有機栽培由来の青汁は、新鮮なビタミン、ミネラルがほぼそのままの形で生きています。

青汁断食を行う場合、青汁断食に適した青汁を利用するのが最大の効果を引き出す秘訣のひとつになります。

「有機栽培由来」の青汁がお勧め

このような「生きた青汁」は、青汁断食中の飲用時のビタミン、ミネラルの生体活性度が大幅に高まるということが知られています。そのため、断食のさ中では少々割り増しでもきちんとした「生きた青汁」を飲むと非常に良いのです。

最近では、酵素青汁や有機青汁といった非常にハイパフォーマンスで、豊富な栄養素を含んだ製品が作り出されています。また、肥満で悩むアメリカ人では、Aojiru(kale) drinkとして人気があります。

海外でもはやる青汁断食

アメリカではヨガが普及したのを機に、一般人にも断食(Fasting)を行う人が増えてきています。

ダイエットや健康増進目的のひとも少なくない実感を受けます。

というのも、もともと一般にアメリカ人でもユダヤ教の人やイスラム教の人では、週末やラマダンに必ず断食を行ってきましたが、キリスト教のクリスチャンの人では比較的、断食については厳格ではありませんでした。

そういった経緯で、主に最後者のこの人たちが、青汁断食をはじめとした絶食を習慣化していく人が今現在、増加傾向にあるという話になるというわけです。

最近では良い製品が作られてきている

青汁断食に良い青汁は、無農薬で有機栽培されたもの、青汁に酵素を加えた酵素青汁などで、現代人の健康意識の高まりからか、製造者側もきちんとした製品を市場に出すようになってきています。こうした青汁は、生体活性度がもともと高いため、飲んだらそれがきっちりと体に吸収されることになります。

また、断食中は胃腸の消化吸収率が高まっているので、無農薬の有機栽培で作られた青汁を飲まなければ、農薬を散布された無機栽培の青汁から、有害成分を体内に取り込んでしまう可能性もあり、これでは排毒(デトックス)目的ではじめた青汁断食を何のために始めたのかわからなくなってしまいます。

青汁断食に特化した青汁を選ぶことの大切さ

そういったことを避けるためにも青汁断食に用いる青汁は鮮度の高く、有害物質を含まない、安全な製品を利用すると良いというわけです。これが青汁断食に適した青汁の真実ということになります。

・有機栽培農法の青汁
・酵素を含んだ青汁

青汁断食におススメの青汁

〇極濃青汁

通常の青汁は加熱殺菌されているためビタミン、ミネラルの消化吸収に必要な酵素が死んでしまっていますが、極濃青汁は特殊な製法によって抽出されているため、酵素が生きています。また、私が上記説明してきた通り、極濃青汁は、無農薬、無添加で国産の野菜を使用しています。

私がおススメできる青汁のひとつです。
初回購入は1箱1390円(税込み)です。
———————————————————–

極濃青汁の詳細はこちら

———————————————————–

〇ドクターベジフル青汁

ドクターベジフル青汁は、九州産の安全な野菜を使用し、無添加、残留農薬ゼロのお墨付きが付いた青汁で低温乾燥方式で製造されているので、酵素が生きています。

また、モンドセレクション銀賞も受賞されています。

こちらの青汁もまたとてもおススメできるものです。
初回購入が1箱980円とお買い得となっています。
———————————————————–

ドクターベジフル青汁の詳細はこちら

———————————————————–

こういったものが特に断食もしくは半断食(プチ断食)に向いています。

いずれにせよ、青汁で断食を始める前に、よく製品のラベルを見て、どのような方法で栽培されたものか、含有成分は何かなどといった少し細かいことまでもきちんとチェックしておくことをお勧めします。

せっかく青汁断食や青汁半断食をするのですから、巷のスーパーや薬局で売っているような安価だが、品質の低いものを用いるよりも上に私が挙げたげたような高品質な製品を選定することが非常に重要です。

また、自分でミキサー等で青汁を作る場合は、無農薬の野菜を選びましょう。

青汁断食のやり方 (☚記事一覧へ戻る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です